第2回技術経営講習

2019年06月02日00:53  技術経営(講習会) 写真あり

5月29日 水曜日 午後8時45分より 理容学校にて


第2回技術経営講習を行いました。


今回は、来年のオリンピック・パラリンピックに合わせて


パラリンピックをより楽しもうではないか、ということで


福島県障がい者フライングディスク協会 事務局長 但馬 正幸氏を招き


「2020パラリンピック競技体験と障がい者スポーツを知ろう」と題し


講習を行いました。


15593981200.jpeg


まずは、障がい者とは?というところから丁寧に説明していただきました。


・身体障害・知的障害・精神障害とありさらに細かく分けられる事もお話いただきました。


続いてパラリンピックとは? パラリンピックの競技に使用する道具をクイズで勉強したり


専用の道具の値段など、ただ見ているだけではわからないいろいろなことを教えていただきました。


そして、実際にみんなでポッチャという競技をやってみました。


15593978640.jpeg


赤と青のチームに分かれて、お互いのボールを白いボールにいかに近づけるか、


競う競技です。カーリングに近いと思います。


15593979510.jpeg


15593979710.jpeg


15593981870.jpeg


意外に難しく、ガードしたり、ぶつけて飛ばしたり、また飛び越して空中から直接近づいたりと


大変頭を使う競技でした。そしてみんな熱く、燃えました。



今回の体験を通じて、今までより障がい者に対する対応を考えさせられましたし、


来年のパラリンピックを観戦するのがいろいろな角度から見せそうな感じがして


たいへん勉強になりました。


前の記事 次の記事